Investment

【最新情報】NISAが2024年から「積み立て型」を新設発表でどう変わる?

どうも、ミムラです。

少額投資非課税制度(NISA)が、新しく生まれ変わるようです。

今回はこのニュースに関して、初心者の方に向けて

  • NISAの何がどう変わるのか?
  • 僕らにとっていいニュースなのか?悪いニュースなのか?

上記について、僕なりの見解を踏まえながらお話しします。

そもそもNISA(ニーサ)とは?

NISAとは、国が個人の投資をバックアップするために作った、良心的な資産形成ツールです。

具体的には、投資した時に発生した運用益が非課税になる制度です。ただし以下の条件があります。

  1. 年間120万円までの投資額
  2. 期間は5年間(2023年まで)

ようするに、国が個人の投資をバックアップするために作った、良心的な資産形成ツールです。

現状NISAの3種類がそれぞれどう変わるのか?

現状では、NISAには以下の3種類があります。

  1. 一般NISA
  2. つみたてNISA
  3. ジュニアNISA

今回のニュースで話題になっているのは、はじめの一般NISAです。

ただ、すべて変更方針が出ているので、すべて必ずおさえておくべきです。

それぞれ何がどう変わるのか、以下にまとめてみました。

種類 現状 今後見直しの方向 さらに将来の方向
一般NISA
  • 投資額は年120万円まで
  • 期間は2023年まで
  • 限度額は従来のまま
  • 期間は5年延長
  • さらに「積み立て型」新設
将来は一本化
つみたてNISA
  • 積立額は年間40万円まで
  • 期間は2037年まで
  • 限度額は従来のまま
  • 期間は5年延長
  • 当面は20年の投資期間を確保予定
ジュニアNISA
  • 一般NISAと基本同じ
  • 未成年者が対象
  • 変更なし
  • 2023年で終了

結局NISAとつみたてNISA、どっちが得なのか?

今回何がわかりにくいかというと、「つみたてNISA」があるのに、「一般NISA」で「積み立て型」を新設する、とか言うからややこしいわけです。

もうちょっとネーミングも考えてほしいものです。

で、これまでならば、

  • 短中期的な投資をしたいなら「一般NISA」
  • 長期的な積立投資をしたいなら「つみたてNISA」

この考え方で間違いなかったと思います。

つみたてNISAについては、僕自身もやっているので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

【初心者向け】失敗しない賢い積立NISAの始め方|おすすめ銘柄も紹介します。こんにちは、ミムラです。 今回は、初心者さんのために「失敗しない積立NISAの始め方」を解説します。 この記事でわかることは...

ただ、今回の発表と今後の方針を見る限りも、もしかしたら長期的な積立も一般NISA枠のほうがお得なのでは?と思うところが出てきました。

これは現時点では断定できません。
あくまで仮説として聞いてください。

というのも、もし一般NISAで期間が延長され続けるようなことになり、一般NISAで新設されるという「積立型」でやっていったほうが、限度額も3倍あるので人によってはとてもお得になります。

なぜなら、「つみたてNISA」は年間40万円までという縛りがあるので、毎月3万円ほどが積立限度です。

ところが一般NISAの「積み立て型」ならば年間120万円までとなると、毎月MAX10万円の積立ても可能になります。

なので、月3万円以上の積立投資で運用益を非課税にしたいという人にとっては、もしかすると一般NISAの新設枠のほうが向いている可能性があります。

前述した通り、これは仮説です。正直今後どうなるかはわからないので「こうやるべき」と言えないのが歯がゆいところです。

それに、将来は一本化すると言っているので、結局は長期で見ると大差ないのかもしれません。

ただ一本化するとなると、それはそれで問題点が浮かび上がってきます。それについては下記記事で詳しくまとめています。

【予想】2024年以降どうなる?NISA&つみたてNISA一本化で気になる3つの課題どうも、ミムラです。 先日、NISA(少額投資非課税制度)に「積み立て型」が新設される、つみたてNISAの期限も延長される、という...

制度を作る側、仕組み自体が曖昧

正直、僕もそう思います。この方の言う通り、もっと長期を見据えて制度作りできないものなのかと。

ただでさえお年寄りとか金融に疎い人からしたら、今のNISAとかだってよくわかっていない人多いと思います。

それを5年単位でコロコロ変えられたら、そりゃわからんやろって思います。

わかりにくいものを、さらにゴニョゴニョ弄ってさらにわかりにくくして、こんなので貯蓄から投資にお金を回す人が増えるのか、疑問です。

国民の貯金やタンス預金など、動かいないキャッシュを投資に回させて市場の流れを活発にさせることが、本来国の狙いだったと思うのですが……

こんなやり方だと、投資に前向きになるどころか、余計に保守的になる人が増えるのではと思います。

ジュニアNISA廃止で残念な人は別のやり方もある

ちなみに、ジュニアNISAは予定通り2023年で終了します。

それに関して、中にはこんな声も。

お子さんがいる人は、ジュニア枠も組み込んでうまく非課税対象を増やしながら、投資してた人もいると思うので、そこはたしかに残念ですね。

まあでも、iDeCoや海外積立とかも並行しながら走らせることで、このあたりはカバーできます。

こちらも参考にしながら検討してみてもらえればと思います。

【初心者向け】失敗しない賢いiDeCoの始め方|日本一わかりやすく解説しよう。こんにちは、ミムラです。 今回は、初心者さんのために「賢いiDeCoの始め方」を解説します。 そもそもiDeCoって...
【初心者向け】失敗しない賢い海外積立保険の始め方|分かりやすく全体像をお伝えします。こんにちは、ミムラです。 今回は、初心者さんのために「失敗しない海外積立の始め方」を解説します。 この記事でわかることは、以...