Investment

歯車を合わせろ!効率よくお金を増やすために本当に必要だったこと。

「お金を稼ぐだけでは資産は増えない」

これが結論だ。

は?

と思った人にとってはこの記事は役に立つと思う。

これまで数々の失敗をしながらなんとかここまでこれた僕だが、自分の経験を踏まえこれからお金を増やしていきたいというあなたのために書けることを書いてみた。

資産を増やすにはルールがあった

  • お金さえ稼げばお金持ちになれる
  • お金を稼げば資産は増える

そう思ってる人も多いんじゃないだろうか。実際、僕も昔はそう考えていた。

だから月30万円くらい稼げるようになったら、次は50万円だ。次は100万円だ。次は200……300……と、とにかく収入を増やすことばかりを考えていた。

だが、ある頃から気づき始める。稼いでも稼いでも、思ったより資産が増えない。

なんかおかしい。

そこで、お金のことを根本的に勉強し直すことにした。というか、今になって思えばそもそも僕たちはお金のことについて知らなすぎるんだ。

こんな大事なことなのに、これまで学校でも塾でも誰も教えてくれなかった。もちろん親でさえ教えてくれなかった。

日本ではお金の教育はとても遅れていて、なぜかお金の話というとちょっとヤラしいような汚いような偏見がある。”清貧”という言葉があるように、清く貧しくが良しとされるような変な風潮が今もなこびりついている。

 

「お金の使い方」の基礎については下の記事でもまとめているので、浪費と消費、投資の概念があまりハッキリしてないという人はぜひ後でいいので目を通してみてほしい。

なぜか日本人だけが教わっていない「お金の使い方」ここらでちゃんと説明しておこうと思う。 金は人を変える 金持ちは性格悪い 金の亡者 金は人生を狂わす 金の話は汚い まあよくある話だ。多く...

僕がお金の勉強をはじめてまずはじめに学んだこと。

それは、お金は稼ぐだけでは不十分であって、お金を守ること、お金に働かせること、この3つの歯車が噛み合わないと効率よく資産を増やすことはできないということだった。

資産を効率良く増やすために必要な3つの歯車

  1. お金を稼ぐ
  2. お金を守る
  3. お金に働かせる

まずはバケツの穴を塞ぐことから始めよう

これはよく言われることだけど、いくら水を注いでも穴の開いたバケツに水は貯まらない。これは資産形成をしていくうえでも言える。

まずは穴を塞ぐ。そこに水を注ぐ。そうすることでバケツに水は貯まっていく。

当たり前のことだけど昔の自分を含めここの認識が甘い人が多い。要するに資産を増やすにはまずはお金を守ることから始めなくてもいけない。

お金を守るというと大げさに感じるかもだけど、

  • 支出を見直す
  • 無駄な支出を抑える
  • 税金対策

このあたりから始めるだけでいい。まずは支出を把握する。自分が毎月何にどれだけ使っているのか?このあたりすらきちんと把握できている人はそう多くない。

 

とくに見直すべき大切なことは、以下の4つ。

  1. 家代
  2. 保険代
  3. 車代
  4. その他固定費

人によっては飲み代とかキャバクラ代とか風俗代とか高額な出費があるかもだけど、一般的に人生の三大支出といわれる家、車、保険、このあたりから見直すのがおすすめ。

 

これを一つ一つ解説しだすと超絶長くなるので、あくまでここではマクロな視点で話を進めていきたい。

税金のことについてもここでは省くが節税というのはやらなければ本当に無駄に払うことになる。

国のために税金を納めるのは国民の義務だ!という人がいるけど、もちろん国のサービスや医療補助を受けているのでそれについてはちゃんと恩恵を受けるぶんだけの納税はすべきだと思う。

でも、国のために頑張って収めた税金がまともな使われ方をしているとは、どうしても思えない。そんなことのために税金を納めてるんじゃない、そんな思いの方がどうしても勝ってしまう。

なので僕は、節税は自分でしっかりしてその分をビジネスや投資にまわしたほうが人の役に立てると考えるし、その方が社会貢献できていると思っている。このあたりは人それぞれと思うので払いたい人は払ったらいいと思うけど。

稼いだお金を貯めていくだけでは増えにくい

無駄な支出を減らしてお金を稼げば、着実にお金は貯まっていく。

でもそれだけでは不十分で、資産を増やすことに特化するならば貯まったお金の一部を投資に回していかなければいけない。

貯まったお金はいわば自分の兵隊だと思えばいい。

ずっと自分のところに置いておくより、それぞれ色んなところに出稼ぎに行かせた方がお金はより増えるに決まっている。

投資というと、多くの人は怖いとか、怪しいとか、そんなイメージをもっていると思うけどそれは間違いで、正しい知識があれば投資しないほうが逆にリスクを背負っているとも言えなくもない。

ちなみに、銀行に預けている貯金も投資。

保険に入るのも投資。保険会社が提供する投資商品を購入している。

日本人はみんな知らず知らずのうちに投資しているし、誰でも投資について教えてくれないから間違った認識のまま無駄に損をしてしまっている。

資産を分散させてリスクを軽減させる

例えば、

「投資は怖いから貯金しかしてない」という人がたまにいるが、これはこれで物凄いリスクを背負っている。

ギャンブルで言えば、日本国という一つの国の貯金という商品に、自分の資産全額を一点張りBETしている状態だ。そこがひっくり返ったら一巻の終わりである。

もちろん安全と思ってそうしていることはわかる。でも必ずしもリスクがないわけではない。

例えば、ハイパーインフレでも起きてお金の価値が下がったら?

お金の価値が下がるということはモノの値段が上がるわけだから、銀行に預けているあなたのお金は引き出せたとしても意味はなくなる。

例えば同じ100万円でも、牛丼一杯50万円です。といわれたらどうだろうか。額面上はお金は減っていなくても価値が下がればそれは減ったことと同じになる。

まさかそんなこと、と思いたい気持ちはわかるが、歴史を見てもそのまさかが起こった国はたくさんある。前例があるのにそれに習わないのは馬鹿だ。

 

他にも、ドルやユーロに対して円の価値が極端に下がることもあるかもしれない。

そうなると、円でしか資産を保有してない人はただただ損することになる。もし例えば資産の半分をドルで持っていた人は、ドルの価値が上がって円が下がるわけだから、プラスマイナスゼロにできる。

こんな感じで資産分散も大切。環境に違う場所に資産を分けて保有しておくというのは、リスクを最小限に止めることができる。

お金に働かせる

株式投資、投資信託、インデックスファンド、ETF、REIT、仮想通貨、不動産投資、海外保険、事業投資、なんでもいい。とにかく自分のポートフォリオを組んでお金に出稼ぎにいかせる。

僕の場合は経験値がほとんどなかったので、とにかく初めはありとあらゆる投資を最少額で経験してみた。本やネットを読んでいるだけでは実際どんなものかわからなかったので、とにかく自分でやってみて体感しながら勉強した。

ポートフォリオも不完全なものでいい。どこまでリスクを許容できるかだけしっかり決めて、あとはやりながら修正してすすめていく。

もちろん、知識不足やミスで損したこともあるし、運悪くギャンブル的な要素で損したこともある。でもそれで経験値が培われていくし、むしろそれでしか結局のところやっていけないものだと思う。

ちなみに念のため言っておくけど、投資というのは短期的にギャンブルのようにドカンと増やそうという話じゃない。そういうのは投機といって、大きなリターンも期待できるかわりに大きなリスクも抱えることになる。

ここで話しているのは、そういうギャンブル的なことではなくて、中長期的にみながら地道に増やしていく(もしくは減らさない)投資のことである。投資と投機をごちゃまぜにしてはいけない。

リターンとリスクは等価交換

リターンとリスクは等価交換であり、それ以外は無視していい。

例えば、「リスクなくこんなにリターンが貰えるんですよ」という話があなたに来たとする。100%詐欺なので気を付けよう。

リスクがないのにリターンがある商品や案件なんか、ありえない。もしそんなのが本当にあればみんな所持金全額突っ込むに決まっている。

いや、100歩譲って、そんな美味しい話が本当にあったとしても、あなたのところに舞い込んでくるわけがない。あなたが世界のごく一部にしかいない富豪や資産家なら可能性はなくもないが、僕たちのような一般人にそんな極秘情報は、まず入ってこない。

みんななぜか投資というと、すぐにわかりやすく儲けたがる。一発逆転を夢見る。だからカモられる。

一発逆転という甘い思考こそ、今のあなたをあなたとしてせしめている元凶だ。そんな都合よく人生はひっくり返らない。

お金を増やすには、ちゃんとルールがあってそのルールを学んだうえで地道にコツコツ体得していって時間をかけて育てるしかない。

資産保全を舐めてはいけない

また、資産をある程度築いた人は、さらに資産保全という考え方がとても重要になる。資産保全というと少し保守的な感じがするかもしれないが、実際は最低でも利回り3~4%程度の運用が必須になる。

というのも、世界経済は毎年3~4%程度成長し続けている。毎年だ。そのインフレ率を下回ると、前述した銀行の話と同じく額面上は同じでも価値は減っていることになる。

”お金は循環させないと腐る”というのはこのことだ。アグレッシブじゃなくても、最低限ある程度運用して回していかないと資産は目減りしてしまう。

小さくてもいい、できることから始めよう

とんでもなく桁違いの稼ぎがあるなら話は別だけど、僕も含めてほとんどのふつうの人にとってはこの3つの歯車を理解してまずは支出を見直す、お金を貯まる状態にまでもっていくのがおすすめだ。

イメージとしては、まずは穴を塞いでから水を注いで貯めていく。貯まった水は腐らないよう投資に回して時間をかけさらに加速度的に増やしていく。

こうすることで資産は形成できてくる。

【初心者向け】お金持ちになるためにまずやるべき第一歩。これ超絶大事です。以前に、資産を効率よく増やすためには お金を稼ぐ お金を守る お金に働かせる この3つの歯車を上手く...

貧乏になりたい人はこちらをチェック。

【お金の正しい失い方】確実に貧乏になる秘訣10選|誰でも簡単にお金持ちから遠ざかれる!どうも、ミムラです。 今回は、誰でも簡単に貧乏になれる方法についてお話します。 この方法は、年収400万円以下の人だけじ...

お金のルール、具体的な支出の見直し方など、TwitterやInstagramでも小分けにして掘り下げて発信しています。よかったらぜひ覗いてみてください。んで良かったらいいね&フォローよろしく。プロフィールの下に貼ってます。