Investment

【失敗はない】投資でも何でも少額でとりあえず挑戦してみることが大事。

どうも、ミムラです。

僕はこのブログでもTwitterやInstagramでも、投資や資産形成について自分の経験をもとに発信しているわけですが、

例えば「○○やってみましょう!」というと、初心者の方に多いのが、「失敗するのが嫌で動かない」「損失が怖くて行動できない」こんな人です。

正直、僕もそういう時期はもちろんあったのでわからんわけではないですが、結論から言うとただただもったいないので、サッサとやってみましょ。

失敗するのは全然ダメじゃないです。多少の損失が出ても全然OK。

その理由について、少し掘ってお話しします。

世界経済は右肩上がりで成長し続けている

例えば、株式投資でいうと、長期的に見ればほぼ確実に儲かるようになっています。

なぜなら、世界経済は右肩上がりで成長し続けているからです。

これは過去数十年、百年レベルのデータからわかることです。

短期的には下がったり損失が出たりするかもですが、だいたい15年以上長期でみた場合は損失がでる可能性はほぼゼロに近い。

短期で見るから落ち込んだり怖くなったりするだけであって、長期目線でみれば何にも怖くないというか、むしろ手堅い投資です。

例えば、

今ちょうど新型コロナのパンデミックで世界的に金融市場が落ち込んでいますが、これを短期と長期で見てみましょう。

12月頃に株を買って投資し始めた人がいたら、確実に今はマイナスになってるはずです。嫌になりますよね。

最悪だ・・・投資なんてやっぱりやるんじゃなかった・・・そうやってみんな辞めていきます。

そして「投資なんてやるもんじゃない」「だって俺はこんな失敗をしたんだ」みたいなことを人に言うわけですね。気持ちはわからんでもないです。

ただ、ここで長期目線に切り替えます。

今損益を確定せずに、逆に今が安く買えるチャンスだと思って、毎月でもいいので定期的にちょっとずつ買い増していけば、例えば15年後には確実にプラスになってますよ、みたいな話です。

これは過去のリーマンショックや世界恐慌をみても、同じことが起こっています。

※ただし、株なら何でもいいというわけではないです。とくに個別株は振れ幅もでかいのでおすすめしません。

ここでいう株とは、世界全体や米国市場全体の株式が買えるインデックスファンドやETFを指しています。

短期的にお金を損しても、経験が儲かる

僕が「投資でも何でもとりあえずサッサと挑戦してみよう、やってみよう」と言っているもう一つの理由は、人的資本への投資になるからです。

まあ簡単に言えば、自己投資ですね。

結局のところ、人生ってやってみないとわからないことばかりじゃないですか。

やってみる前と実際やってみた後では違った、なんてことザラですよね。

投資も同じで、株式投資でもFXでも仮想通貨でも何でも、座学で勉強した知識だけで儲かるなんて、そんな甘い世界じゃないです。

結局、身銭切ってやってみないと得られないもの、経験値って絶対あるし、そこからしか人は成長できなかったりします。

まずは何でもインプットして勉強したら、最少額でいいので実際にお金を入れてやってみる。これが超絶大事です。

はじめから今まで全勝、みたいな人間はこの世にいません。

どんなにすごい相場師でも投資家でも、みんな多かれ少なかれ失敗の経験を積んでそこにいます。

だから、サッサと行動してみて失敗しながら経験値を高めていくしかないし、遠回りにようで実はそれが一番近道だったりするんです。

これが、短期的には多少金銭的に損することはあっても経験は儲かる、ということです。

※当たり前ですけど、経験だからといって「全財産をFXにつぎ込む」みたいなことはやめましょう。博打をやれと言ってるわけじゃないです。

あくまで許容できる範囲のリスクで、経験のためにアウトプットとして実践しましょうという話です。

リスク許容度を考えるのも面倒だったら、ミニマムBETで最少額でやってみたらいいです。儲かっても100円、損しても100円みたいなところから始めましょう。

人が死ぬ前に最も後悔すること第一位は

さらに言えば、別に短期的にみても「挑戦しないこと」は損失でしかありません。

例えばの話ですが、

経験値を得るために実践して損益を出して、それでも長期的な目線でやっていくつもりだったのに、「あなたはあと一週間しか生きられません」と余命宣告されたとします。

・・・

まあ控えめに言って最悪です。

でもたぶんあなたは死ぬ間際に、「挑戦したこと」を後悔はしないでしょう。それよりも「挑戦しないまま死ぬほう」がよっぽど最悪だと思います。

これは有名ですが、アメリカのコーネル大学の調査によると、人が死ぬ前に最も後悔すること第一位は、ダントツで「挑戦しなかったこと」だそうです。

世界中の人類ほとんどみんなが、死ぬ直前になって

  • あの時あれやっとけばよかったなぁ・・・
  • なんであんなに失敗をこわがってたんだろう・・・
  • やらないまま終わるの嫌だなぁ・・・

こんなことを後悔しながら死んでいくのです。

・・・これめっちゃ嫌じゃないですか?

僕はこれが一番人生にとって損失だと思うので自分がやりたいことや興味あることは、絶対に何でも挑戦しちゃおうと決めてます。

多少怖くても、もっと良い時期があるかもとか思っても、エイヤーでやります。

なぜなら、人はいつ死ぬかわからないからです。

あなたが失敗しないために綿密に立てている計画はいつ実行されるのでしょうか。というか、いつまで生きるつもりですか。人生そんなに長くないですよ。

失敗を喜んでやるマインドセットを手に入れる

普段から失敗することにメンタルブロックがある人は、そんなものとっとと壊したほうがいいですね。時間がもったいない。

そして、僕の経験上ですが

  • 一般的に頭が良い人
  • 完璧主義なところがある人

こういう人は、投資でもビジネスでもうまくいきにくい傾向にある気がします。

頭が良い人ほど、あれこれ考えてしまう(考えることができてしまう)ので、結局怖くなって足がすくんでしまいがちです。バカの方が強いのはこのためです。

また、完璧主義の人ほど失敗するのが嫌いなので、はじめから何でも完璧にこなそうとして、入念に準備をして、エネルギー切れを起こしてしまいがちです。

一方で・・・

  • 行動が早い人
  • 失敗を恐れない人

こういう人は、圧倒的に成長も早いし成功しやすいです。

はじめから何でもうまく行かないと知っているからです。

とりあえず失敗する前提で走ってみて、走りながら修正して改善していけるスピード感が大事です。

・・・

と偉そうなこと言ってますが、僕も昔は前者でした。失敗をものすごく恐れていました。

「できるだけ失敗せずに」「効率よく」を考えまくって、色んな想定をしまくって結局行動が遅れる、みたいなね。

だからそういう人の気持ちはめちゃくちゃわかるんですよ。だって、ちゃんと考えてから行動しないと成功しにくいじゃんと思いますよね。

たしかにそれは間違いじゃないし、実際ある程度は考えるんですけど、ある時わかったんです。

考えても意味ないな、と。というかはじめから全部うまく行くわけないし、自分がそこまで出来ると過信してること自体おこがましいのではと。

だから、失敗するのが当たり前と思って試行回数を増やす。

僕は頑張ってそうする意識を常にもっています。

最後に

というわけで、ぜひあなたも

  • これから投資をはじめたいとか
  • 資産形成に興味をもったとか
  • 今の自分を変えたいとか、

そういう成長欲求がある場合は、完璧主義にならずどんどんスモールステップで行動してみてください。

そうすれば絶対、行動したことでしか手に入らなかった視点が見えてきます。

 

新型コロナで株価暴落!米国高配当株もバーゲンセールで安いから買い増したほうがいいかもって話。どうも、ミムラです。 先日こんなツイートをしました。 米国高配当銘柄もバーゲン中。買い増しや! pic.twitter.co...
確実に貧乏になる秘訣10選!これであなたも貧困層の仲間入り可能です。どうも、ミムラです。 今回は、誰でも簡単に貧乏になれる方法についてお話します。 この方法は、年収400万円以下の人だけじ...
おすすめオンライン英会話3選!1年で日常英語をマスターした経験者が選んでみた【デメリットも公開】 こういった疑問に答えます。 この記事を書くのは、ミムラ(34歳の結婚子持ち男性)です。 約1年ほど前に「...