Investment

【初心者向け】自動車保険の見直し!安くなる5ポイントを分かりやすく解説。

どうも、ミムラです。

今回は、自動車保険の見直しポイント、正しい保険との付き合い方について話します。

以前、FALIでもかなり詳しくまとめたのですが、それをさらに凝縮してコンパクトにしてみました。

サラッと読めるので、自動車保険の見直し初心者さんに役立ててもらえればと思います。

ではさっそく本題に入りましょう。

自動車保険には2種類ある

  1. 自賠責保険(国の保険)
  2. 任意保険(民間保険)

❶自賠責は国の保険なので強制加入させられます。多少コストを下げる方法もなくはないけど、金額的にも大して意味ないし今のまま触らないでOK。

見直してほしいのは❷任意保険です。車を持ってる人はみんな「○○損保」みたいな保険に加入してると思います。それです。ちなみに僕はソニー損保。

人によって入っている保険会社はバラバラと思いますが、基本的にはどの保険に入っていても見直すポイントは同じです。

自動車保険はこれさえ入っておけばOK

結論から言います。

  • 対人・対物無制限
  • 弁護士特約
  • 個人賠償特約

対人・対物無制限だけ最低限必ず入っておきましょう。

あとの特約は人によってつけなくてもOKですが、僕はつけてます。安いので不安な人はつけておくのをおすすめします。

ここで重要なのは、車両保険は不要ということ。その理由についても後述します。

自動車保険(任意保険)の見直し5ポイント

  1. 運転者限定条件を見直す
  2. 年齢条件を見直す
  3. 不要な特約オプションを外す
  4. 車両保険を外す
  5. 保険会社を乗り換える

基本的に上記5ポイントを見直せばOKです。

今契約している保険内容については、各自郵送でしおりみたいになって送られてきているか、もしくはインターネット上で契約内容を確認できると思います。

今現在あなたが加入している自動車保険の契約内容をもとに、チェックしてみてください。

人によっては年間数万円単位で安くなる人も出てくるでしょう。

❶運転者限定条件を見直す

だいたい以下の4つですが、上にいくほど保険料が安く、下にいくほど保険料は割高になります。

  1. 本人限定
  2. 本人+配偶者限定
  3. 家族限定
  4. 無制限

保険適用の範囲を無駄に広げている人がいますが、もったいないので運転する人だけに絞って条件を変更しましょう。

とくに自分や奥さんくらいしか運転しないのに、わざわざ無制限にしている人。

ちなみにうちの車は僕と奥さんしか運転しないので、❷にしてます。

❷年齢条件を見直す

運転者条件を見直せたら、それに合わせて年齢条件も見直しましょう。

  • 21歳以上
  • 26歳以上
  • 30歳以上
  • 35歳以上
  • 全年齢

だいたいこんな感じで選べると思うので、運転者が絞れた人は全年齢ではなく適切なところを選んでください。

ちなみに若い夫婦で5歳差以上ある方は、夫婦ともに運転するなら全年齢にするしかないです。まあ35歳以上とかになると何も考えずに選べるので楽ですね。

❸不要な特約オプションを外す

保険会社にもよりますが、様々なオプションが用意されています。例えばこんな感じ。

  • 個人賠償特約
  • 新車買替特約
  • 弁護士特約
  • ファミリーバイク特約

などなど。とくに必要性のない特約は出来る限り削りましょう。

なぜなら、保険料に見合ったリターンが受けられる可能性が低いからです。あくまで可能性の話ですが。

ちなみに、入っておくのもアリな特約は以下です。

  • 対物賠償(対物超過修理費用)
  • 弁護士特約
  • ファミリーバイク特約(原付きバイクに乗る人)

また、複数台の車を所有している人、家族でシェアしている人は、一つの特約でカバーできるところを重複して無駄な特約を付けている人もいます。

完全に無駄なので、心当たりある人は見直してください。

❹車両保険を外す

車両保険も付けている人は多いと思いますが、基本的にこれは不要です。

なぜなら、車の修理代は保険ではなく自分で貯蓄しておくべきものだからです。

逆に言えば、この車両保険は事故した時に自分の車の修理代が払えない人のための保険です。

というか、そもそもそんな人は車乗っちゃだめなんですけどね。

でも、今までつけてたのに急に外すの不安だな・・・という人のために、さらに後押しです。

車両保険を外すべき3つの理由

まず一つ目の理由。車両保険を外せば保険料がかなり安くなります。

車両保険つけるかつけないかで、年間3万円くらい違ってきたりします。

 

理由2つ目。そもそも自動車保険って、保険を使うと等級が下がります。つまり、保険を使えば使うほど保険料が高くなっていくシステムです。

ふつうに考えてこれはわかりますよね。事故を起こさない人より、事故をよく起こす人のほうが保険会社としては手数料貰わないと危ないですから。

で、そういうこともあって多少の事故なら保険使わずに示談で・・・みたいなケースも多いわけです。そうなると、車両保険なんてつけてても意味ないです。

 

最後3つ目の理由。。事故を起こしたときは相手もいるわけです。相手も自動車保険には加入しているはずなので、自分がすべての補償を背負うわけではありません。

対人対物だけ無制限で入っておいて、自分の車の修理代は最低限貯蓄しておけば、よっぽどなことがない限り困ることはないでしょう。

 

❺保険会社を乗り換える

今入っている保険会社を他の保険会社にかえるだけで、同じ補償内容でも保険料をかなり安くできる可能性があります。

保険会社は大きく分けると以下の2タイプがあります。

  1. 代理店型・対人販売
  2. ダイレクト型(ネット保険)

だいたいわかると思いますが、代理店型よりもダイレクト型のほうが、人件費など多くのコストカットが出来ているため保険料は格安です。

  • 昔からずっと同じ保険に入っている人
  • 知り合いの紹介でなんとなく入った人

こういう人はとくに代理店型の高い保険に入っている可能性大なので、今すぐにでもネット保険に切り替えることをおすすめします。だいぶ変わりますよ。

自動車保険、いつ見直すべき?タイミングは?

保険会社を乗り換えるなら、ベストタイミングは常に「今」です。今すぐ見直しましょう。

その他、契約条件や特約オプションの見直しタイミングとしては、

  • 保険契約の更新前
  • 新車購入時
  • 年齢や家族状況が変わるとき
  • 車の使用目的と頻度が変わる時
  • ゴールド免許になった時

などがおすすめです。

ちなみに等級は保険会社を乗り換えても引き継げるシステムなので、今まで無事故で頑張ってきた人はそのまま頑張りましょう。

その他、保険会社によってネット割引や新車割引など、色んなキャンペーンを打ち出して顧客獲得に頑張っているので、そういうところも合わせてチェックしながら選ぶのもアリです。

自分の入ってる自動車保険が安いか高いか調べる

保険って基本的に今すぐ必要なものでもないし、見直しはいつでも出来ます。それで数万円変わってくるならやらない手はありません。

今の自分の自動車保険が高いのか?安いのか?他社と比較してどのくらい保険料が変わってくるのかなどを調べるには、こういった一括見積サイトが便利です。

今すぐ一括比較見積もりしてみる

必要な情報を入力していくだけで、簡単に保険料の比較ができます。ただし保険会社に個人情報が渡ることになるので、それもどうしても嫌だという人は自力で調べて比較してみてください。

これを機に無駄な保険料を削減して、浮いたお金を資産運用に回していきましょう。

【悲報】車の維持費は生涯平均4000万|所有するの馬鹿らしいから対策を考えよう。こんにちは、ミムラです。 以前にInstagramで、こんな自動車コストの話をpostしました。 ...